紫外線は肌によくない

紫外線は肌によくないことは広く知られていますが、どこがよくないのでしょうか。以前は日光浴は健康のためには良いこととされていましたが、今は状況が変わってきています。目には見えませんが紫外線は2種類存在し、皮膚表層と、皮膚深層にそれぞれ作用します。皮膚が損傷を受けないように、紫外線を防止する必要があります。紫外線が及ぼす肌への作用は、美しさを気にする女性の多くが意識する美肌を損ねるだけでなく、肌により深刻なダメージを与えます。最近は、紫外線の強さは日本国内でも問題視されています。
日焼けで肌がダメージを受ける以外にも、皮膚がんのリスクが高まるとも言われています。白人よりも、肌の黄色い日本人のほうが、紫外線に対する耐性は強いといいます。黒い瞳のせいもあって、まぶしいと感じるレベルは白人のそれよりもないのですが、目の日焼けに関しては忘れている人が多いのも事実です。目を紫外線から守るために、UV加工の施された防止やメガネを使うことが大事です。
紫外線が目を日焼けさせたために白内障になることもあります。紫外線をお肌が浴び続けていると、肌の老化が進んで美肌を保つことが困難になります。それだけでなく、紫外線を目に受けていると、目のトラブルが起きやすくなるのです。最近は、UVカット加工が施されている眼鏡やサングラスも気軽に購入できますので、お出かけの時には目を忘れずにガードすることです。UVカットのアイテムを使ったり、陽光を避ける生活をすることで、少々の紫外線はやむをえないにしても、ある程度は防止したいものです。