夢のマイホーム購入に現金で一括で購入するという人は少なく、住宅ローンなどをマイホーム購入に充てるという人がほとんどです。住宅ローン融資を利用するためには、金融機関の審査をクリアしなければなりません。
審査の結果、融資を断られる人もいます。そこで住宅ローンの審査方法についての知識を深めて、スムーズに審査を通れる対策が取れるように説明していきます。購入する家や、土地を特定してからでなければ住宅ローンの手続きはできませんので、まずはどの家を買うのは、いくらで買う物件になるのかを明らかにしましょう。
ローン会社は、買う予定になっている家と、申込み者の情報から、事前審査をします。事前審査では、1週間から3週間を必要とします。事前審査をすることで、家の売買契約を結ぶ前に、融資が受けられるかがわかります。事前審査の結果を得てから、住宅メーカーや工務店との売買契約を結ぶことになります。
金融機関は、家を買うための契約が終了するまで待ってから、購入金額に基づいて、住宅ローンの本審査をするという段取りになっています。本審査には約1週間程の期間がかかり、審査に無事通ってやっと住宅ローンの契約となります。住宅ローンの審査は、金額が大きく、返済期間が長い分、慎重になりがちです。
書類を一式集めるだけでも煩雑になりがちですし、一旦出した書類にミスや齟齬があれば、それらのチェックなどでもっと期間が延びます。申込みから審査の終了まで、短くても1カ月はかかってしまいます。予定が詰まってきつきつにならないように、先々のプランを見通して審査を受けるようにしましょう。